アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
映画『 リアル 完全なる首長竜の日』/山の神に逆らうべからず
映画『 リアル 完全なる首長竜の日』/山の神に逆らうべからず 古代ギリシア人が哲学なんぞをやりだしたのは、世界が自分に対してあまりに無関心であるという事実に耐えられなかったからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/29 23:00
映画『人生の特等席』/俺のカーブ球を受けてくれ
映画『人生の特等席』/俺のカーブ球を受けてくれ 全編にわたって陽光が降り注いでいる映画である。アメリカの田舎にも、墓地にも、グラウンドにも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/15 13:12
映画『アウトレイジ ビヨンド』/小動物たちの死
冒頭、シネスコのスクリーンに浮かび上がるのは、シャチの死骸である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/09 23:57
映画『桐島、部活やめるってよ』/音楽を聴こう
映画『桐島、部活やめるってよ』/音楽を聴こう 知り合いからかなり良いという評判を聞きつつも青春学園映画というだけでハナから観ることを放棄しときながら、人気ラジオ番組での絶賛の声に、いとも簡単に軌道修正。軽い足取りで映画館に足を運んでしまう自分の軽い脳みそを別に恥じるわけでもなく、映画を観る動機にそもそも「軽い」も「重い」もないよと、とりあえず開き直っておくことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/30 13:45
映画『ダークナイト ライジング』/長大な予告編
『インセプション』で完全に見限っておきながら、やはり観てしまうという……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/12 13:12
映画『おとなのけんか』/たまには吐き出しちまいやしょう。
子供同士の喧嘩から端を発した問題を互いの親夫婦が「おとな」の話し合いで解決しようとするも、逆に「子供の喧嘩」よりも酷い「おとなのけんか」が勃発するという人気舞台劇の映画化。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 02:13
映画『ドラゴン・タトゥーの女』/リラックスして行きましょう。
劇中、主人公のリスベットが操るMacのモニターには(精巧に作られた)猟奇殺人事件の資料や写真が次々とスライドされていく……で、この映画は、まさにそんな感じの映画だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/25 00:58
映画『J・エドガー』/老けメイクは大変だ
イーストウッド映画にジャック・ニコルソンが出る日はくるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/04 22:38
映画『果てなき路』/不器用なひとたちへ
映画『果てなき路』/不器用なひとたちへ モンテ・ヘルマンの21年ぶりの新作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/22 21:52
映画『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』/苦労人のトム
トム・クルーズは苦労人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/06 01:18
口実としての2011年映画ベスト。
初めて見た生ウィスパーズ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/31 23:12
映画『Peace』『大鹿村騒動記』
『Peace』(10年、相田和弘) 泥棒猫のまなざし。あくまで遠くから眺めていた彼が、いかにしてほかの猫たちの中に入り込んだのか。いつ猫たちはこの泥棒猫の侵入を許すようになったのか。そのきっかけを思い出せない。しかし確かに状況は変わったのである。毎日奥さんに嫌がれながらもノラ猫たちにエサをやり続ける監督・相田の義父でさえも、その変化のきっかけは分からないようだ。義父は、高齢者や障害者を病院などに送り届ける福祉車両のボランティアをやっている。その中に、なぜか工事用ヘルメットを被った非常に愛嬌のあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/11 02:06
映画『エッセンシャル・キリング』/純粋なアクション映画
これは分かりやすい映画だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/09 00:57
映画『スカイライン -征服-』/時間は有効に使おう
またこんなの観てるし……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/07 00:28
最近観た映画
の雑なメモ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/05 03:13
映画『ヒア アフター』/やはり彼は死んでいた……
映画『ヒア アフター』/やはり彼は死んでいた…… (以下ネタバレあります) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/02 03:08
最近観た映画の感想
a 『ソーシャル・ネットワーク』(10年、デヴィッド・フィンチャー) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/11 11:21
映画『アンストッパブル』/怪物モノを期待したが……。
映画『アンストッパブル』/怪物モノを期待したが……。 また電車か! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/10 23:30
ついに始めてしまった。
ついに始めてしまった。 ええ、もう「つぶやいて」ますとも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/12 02:20
映画『エクスペンダブルズ』/映画人情くすぐるスタローン
映画『エクスペンダブルズ』/映画人情くすぐるスタローン 最近は、雑誌やテレビを見てても、やたらとメガ盛り○○丼だとか背油ぎっとりの特濃ラーメンだとか、ボリュームと油と安さを売りにした食べ物がよく目に飛び込んでくるが、これだけ生活習慣病が取りざたされる昨今なのに、皆こりないな、と思う。自分のような食の細い人間には、目にするだけで胃がもたれてくる……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/13 01:24
味わいのある映画ってなんだ?
味わいのある映画ってなんだ? 「歌」と「音」がガチンコ勝負するジョン・レジェンド&ルーツを聴いてて、ふと思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/19 01:04
映画『ジャーロ』/ブロディ・ミーツ・アルジェント
映画『ジャーロ』/ブロディ・ミーツ・アルジェント エイドリアン・ブロディは変な役者である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/06 02:23
子供嫌いのイーストウッド
子供嫌いのイーストウッド 最近ようやくセルジオ・レオーネの『ウエスタン』(68年)をDVDで観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/29 01:55
映画『キャタピラー』/目に見えない暴力
映画『キャタピラー』/目に見えない暴力 キャタピラー=芋虫 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/21 03:12
原爆と『ジョーズ』
原爆と『ジョーズ』 昨日はちょうど65年前に長崎に原爆が投下された日。それに先立つこと3日前の8月6日に広島に投下された。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/10 12:19
映画『インセプション』/さらば、ノーラン。
映画『インセプション』/さらば、ノーラン。 いくらヒマだったからといって、わざわざ先行上映に駆けつけるとは、そんなにクリストファー・ノーランが好きなのか? 自分は。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/19 00:49
TKのブランド力/映画『アウトレイジ』
TKのブランド力/映画『アウトレイジ』 TK。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/11 02:43
映画『座頭市 THE LAST』と『プレシャス』/赤い運命
映画『座頭市 THE LAST』と『プレシャス』/赤い運命 日本映画も悪くない。 なんていう、やたらと使い回された言葉は使う気になれないが、阪本順治の映画を観ると、心からそう思ってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/06 04:02
映画『コロンブス 永遠の海』
映画『コロンブス 永遠の海』 NHKで『百歳バンザイ!』という番組がやっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/02 18:01
アリスと「帽子」、そしてムーンウォーク
アリスと「帽子」、そしてムーンウォーク やたらと話題の『アリス・イン・ワンダーランド』(3D)を観てきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/25 02:31
映画を観る、という習性
映画を観る、という習性 最近は映画を観るのが億劫で仕方がない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/25 02:52
最近観た3本
@『スラムドッグ$ミリオネア』(ダニー・ボイル) A『ザ・バンク』(トム・ティクヴァ) B『ミルク』(ガス・ヴァン・サント) 3本とも、とくに観たいわけではなかったが、ほかに観たいものがないので、まあ、仕方なく観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/12 23:54
映画『グラン・トリノ』/彼はもう歩かない、のだろうか
映画『グラン・トリノ』/彼はもう歩かない、のだろうか クリント・イーストウッド監督・主演最新作。 ひとつの時代の終焉を告げる作品だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/29 15:45
映画『ワルキューレ』/立ち尽くすトム・クルーズ
アイパッチを着けたトム・クルーズの顔を見ただけで、なにか魅かれるものがある。その顔を見て、まったくなにも感じない映画好きは、いないのではないかな。 そもそも、アイパッチが似合う俳優など、そう簡単にはいない。伝説的なハリウッドの監督のなかに、アイパッチを俳優以上に格好よく着けた人物が、少なくとも3人いることも、映画好きには当たり前の知識であろう。アイパッチが似合った俳優として思い出されるのは、『ニューヨーク1997』や『エスケープ・フロム・L.A.』のカート・ラッセルぐらいか。ブラッド・ピットが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/25 01:23
映画『7つの贈り物』/あえてなにも言うまい。
「………………………… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/08 00:03
映画『フェイクシティ ある男のルール』/分の悪いロス市警の宿命
キアヌ・リーブス主演の『フェイクシティ ある男のルール』はなかなか潔い映画だ。 何が潔いのか。ほどよいリアリティで手を打つことなく、最後までご都合主義を貫いてくれた点が潔い。これは完全にB級精神で撮られた映画である。そのB級精神を支えているのは、この映画に出てくるロス市警の奴らの、徹底したダメっぷりである。 LAの暗部を描いてきたジェームズ・エルロイが脚本を手がけたこの映画は、最初から、ロス市警の腐敗ぶりを真面目な顔でえぐり出そうなどという気概は持ち合わせていない。ロス市警が腐敗している。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/03 03:47
映画『チェ 39歳別れの手紙』/うーん……。 
言いたいのは、一つだけ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/08 20:22
映画『チェ 28歳の革命』/手堅く、ソダーバーグ
スティーヴン・ソダーバーグ監督『チェ 28歳の革命』をまったく期待しないで観たのだが、これが悪くなかった。 実にクラシカルな演出でがんばろうという気概が見えて、非常に好感を持ってしまった。正直、こういう「歴史上の人物モノ」って、大抵、作り手がその人物に感情移入しすぎて、つまらない内面やら過去やら生い立ちやらの説明に走ってしまうものだが、今作の場合はそこには陥らず、ベネチオ・デル・トロ演じるチェ・ゲバラを中心とした革命軍の行動を描写することに専念していた。それは純粋に面白かったし、全編にわたって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/26 01:30
映画『アンダー・カヴァー』/空間を何かで遮ること
ああ、またもや更新が遅れた……。ブログって向いてないなあ、まったく。 まあ、いいや。 今更になってしまうが、今年の頭に、昨年末から公開されていたジェームズ・グレイ待望の新作『アンダー・カヴァー』を観てしまい、早くも今年のベスト1は確定してしまった、かもしれない。そのくらいこれには衝撃を受けてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/24 01:47
2008年、映画ベスト10
もう観たいものもないので、とっとと今年(2008年)の映画ベスト10でも挙げておこうと思う。今年もろくに観れなかった……。なので、ほんとろくなベスト10じゃない。来年こそもう少し真面目になりたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/25 19:48
映画『ダークナイト』/やはり捨てきれない……。
映画『ダークナイト』/やはり捨てきれない……。 僕の周りでも世間的にも、やたら評判の高かったクリストファー・ノーランの『ダークナイト』がやっとDVD化された。 クリストファー・ノーランは個人的に捨てきれないなあ、と思っていたが、まだそこまで信用しきれず、しかもリメイクもの(本当は、ティム・バートン版のリメリクではないが、まったく原作のアメコミに興味がないので、単純にそう思っていた)ってだいたいしょうもないものが多いので、公開当時は無視していた。しかし、そうしたら周りがやたら騒ぐので、え、そんなにいいの? 一応観ておこうかなあ、どうしようかな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/12/14 03:58
映画『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』/一芸に秀でた表現者
ジョージ・A・ロメロの新作ゾンビ映画『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』を観た。 まあ、お約束通り、物語の始まりは理由もなく死体が蘇ってくるところで始まるのだが、ここの冒頭のシーンなんか、徹底した段取りで一連の出来事をほぼ1カットに近い形でとらえていて、これはなかなかいいなと思った。しかし、この手法(とある撮影者がビデオカメラで出来事を偶発的にとらえた映像の様に見せる)を延々やられると、さすがに飽きる。もちろん様々な趣向もこらされているし、ユーモアもあるのだが……。 映画は、基本的に、大学の映画... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/07 21:38
映画『リダクテッド 真実の価値』/映像の残骸
ブライアン・デ・パルマの新作『リダクテッド 真実の価値』は、「映像」というものが、現在においては、ガラクタ以外の何者でもないことを自ら証明してくれた貴重な作品だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/09 01:59
『クレイマー、クレイマー』と「速さ」
『クレイマー、クレイマー』と「速さ」 映画が好き、とか言っておきながら、いわゆる「名作」と呼ばれる映画に限ってけっこう観ていなかったりする。 で、今更ながら、『クレイマー、クレイマー』(1979年)をDVDで観た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/05 03:17
映画を、観る
今日は1日の映画サービスデーだったので、久々に地元で映画でも観るかなあ、と思った。が、困ったことに観たいと思うものがまったくない。世の中これだけいろいろな商品やサービスであふれかえっているのに、映画でも観ようかなあとせっかく思っている消費者に対し、これほど冷たい産業もほかにあるだろうか。 しかたなくスティーヴ・カレル主演のコメディ『ゲットスマート』というのを観た。昨年の彼が出演していた『リトル・ミス・サンシャイン』というなかなかよくできた映画で印象に残っていたので、少しだけ期待した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/02 00:24

トップへ | みんなの「映画」ブログ

活劇とグルーヴの日記 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる